地図を表示
地図を表示地図を表示
詳細検索

留学エリアRegion

  • All
  • Asia
  • Europe
  • North America
  • Africa
  • Oceania
  • Middle East
  • Central and South America

Country

留学種別Program

学部研究科 Faculty/School

キーワード検索
Key Word Search

レポートを検索
Search Reports
詳細検索

留学エリアRegion

  • All
  • Asia
  • Europe
  • North America
  • Africa
  • Oceania
  • Middle East
  • Central and South America

Country

留学種別Program

開始時期 Term

留学期間 Period

GPA要件
GPA Requirement

学修言語 Language

語学要件
Language Requirement

TOEFL ITP

TOEFL IBT

IELTS

その他 Others

キーワード検索
Key Word Search

留学先を検索
Search Destinations

留学レポートStudy Abroad Report

作成者

学科
Department
国際観光学科 学年
Grade
1年
専攻
Course
ニックネーム Nickname

プログラム基本情報 Program

参加プログラム名
Program
協定校語学留学 国名・地域名
Country/Region
アメリカ合衆国(米国)
コース名 Course
ペース大学コース
期間 Term
2019/03/20 ~ 2019/08/22
このプログラムに参加した理由、きっかけ Reason for joining this program
高校生のときから海外に興味があり、海外で生活をしてみたいと思っていたが部活や受験勉強で忙しく、留学をすることができなかった。そのため大学では絶対に留学をしたいと思っており、確実に留学に行ける協定校語学留学に参加することを決めた。またNewYorkにした理由は、高校時代にNewYorkは人種のるつぼと言われたくさんの国の人が生活をしていると聞き、私は世界中の人と友達になりたいと思っているので、たくさんの人に出会えるチャンスがあると思ったからだ。

大学/語学学校について University/School

大学名/語学学校名 Name of University etc.
ペース大学
授業期間 Study Period
2019年03月25日  ~  2019年05月10日

履修科目について Subject etc.

No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
1 Grammar and Writing 21544
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
少人数(1クラス15名以下) Small (Under 15 students) 5時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
Writingの授業のため英語で文章をたくさん書く。その書いた文章を生徒同士で添削しあったり、文章のテーマについてみんなでディスカッションなどをした。またMLAフォーマットという論文の書き方を学びそれに沿った形でEssayを出すことが課題とされた。そして自分の書いたEssayの内容をプレゼンテーションをするということもした。このクラスは日本、中国、フランス、ブラジル、ドイツ。コロンビア、アルゼンチンと多様な国からの学生が居るクラスで、ディスカッションの際に各学生の意見に文化の違いが感じられた。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
2 Conversation and listening  21545
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
少人数(1クラス15名以下) Small (Under 15 students) 5時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
テキストの内容をリスニングし、その内容についてクラスメイトとディスカッションをするという授業形式だった。毎回違った生徒とペアを組んでテーマについて話をした。また先生は文法やワードチョイスを素早く訂正してくれるので文法の勉強にもなった。プレゼンテーションを二回行い、最後の1回はグループプレゼンだったので、グループで意見をまとめてPPTを作成し発表した。その際、クラスの外に出て、街行く人にアンケートを取るということをした。クラスの半分が中国人学生で、それ以外にイタリア、インド、ロシア、フランスの学生が居る。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
3 Reading and Vocabulary  21815
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
少人数(1クラス15名以下) Small (Under 15 students) 4時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
先生がテキストのほかにTOEFLやニュース記事、コラムなど様々な形の文章を用意してくれてその内容を単語を解説しながら読んでいく。テーマに関連するVocabularyを簡単な英語で説明して理解し、それらの単語を使って自分で文章を作成するのが主な課題だった。英単語を英語で理解するというのは初めてのことで印象的だった。またフランス人学生とペアになりJazzの歴史についてプレゼンをした。この際にもVocabularyが増えるように、難しい単語について自分でほかの言葉で説明しなければならなかった。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
4 Walking Tours in New York 20728
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
少人数(1クラス15名以下) Small (Under 15 students) 4時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
NewYorkにはたくさんの観光スポットがあり、その観光地を自分で調べクラスメイトを案内するというのが授業の主な内容だった。そのツアー前に先生にリサーチペーパーをMLAフォーマットで作成し提出するほか、ツアー中にアクティビティを入れなければいけなかったり、時間がぴったりになるようにコースの手順を考えたりしなければならなかった。観光地の歴史や豆知識について学べるので国際観光学部の私にとってすごく良い機会となった。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
5 Academic Reading/study skills
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
中規模(1クラス16~50名程度) Medium (16-50 students) 8時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
アカデミックのスキルを学ぶということで、クラスの内容は以前のクラスと比べて難易度が上がり、授業中に使う単語が難しかったり、書く文章のスピードが速くなることが求められるようになった。使う文章はレポートのようなものから新聞記事まで様々である。クラスメートは23人と多く、8割が中国出身の学生で占められている。中国の学生は自由な人が多いと思う。このクラスはELIという留学生とGPというペースを卒業する予定の学生が混合にいるため、GPの学生は先生の問に対してのレスポンスや、提出物、プレゼンなどのレベルが高くて、ついていくのに必死である。科目名はReadingであるが、Writingの学習量の方が多い。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
6 Academic Writing
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
少人数(1クラス15名以下) Small (Under 15 students) 8時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
Writing のクラスということで、クラスではWritingについて多く学ぶ。そのほかには、記事を読んでわからない単語をみんなで共有したり、文章の固定のフレーズや文法の復讐のようなことをする。クラスの学生数が6人のため雰囲気が非常にアットホームで、わからないことがあったらすぐに質問でき、他のクラスよりも自分の意見が言いやすい。クラスは日本人2人、中国人3人、アルゼンチン人1人で、アルゼンチンの学生は以前アルゼンチンで英語の先生をしていた方なので、ほかの学生よりも英語が得意であり、課題などを助けてくれる。先生も3年間日本に住んでいたことがあるため、日本の話などが出来て楽しい。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
1 2019:Year 04:Month
リスニング力のなさが課題である。日本にいたときは英語の先生の言っていることが聞き取れていたので大丈夫だろうと思っていたが、留学に来て先生やほかの学生の言っていることについていけず、何度も一人だけ置いていかれているような気がした。そのため、普段聞く音楽を日本語のものからアメリカの音楽に変えたり、Netflixを英語字幕で見たり、Podcastを聞いたりと耳がなれるようにいろいろなことをしている。今現在は半分ぐらい聞き取れるようになったが、まだまだ聞き取れないことも多いので、継続していきたい。ほかには授業中にクラスの外に出て街行く人にインタビューをするのはとても緊張した。今までは知っている人の中で英語を話していたので多少間違っていてもなんとかなったが、見知らぬ人に話すので文法が違ったりすると少し変な目で見られたりした。しかし無事に10人にインタビューすることができ自分の自信につながった。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
2 2019:Year 05:Month
WalkingTourのクラスで、ツアーアテンダントとして、セントラルパークをクラスメイトに案内をした。このクラスは8人中5人が日本人という環境だが、ツアーはもちろんすべて英語で観光地の歴史や特色について説明しなければいけなった。ツアーの最後に担当の先生からフィードバックを受けた際に、日本人に英語で話すのと、外国人に英語で話すのは違うといわれた。日本人がうなずいていても、ほかの国の学生は分かっていない時もあるよと言われた。このことは日本で勉強をしていたら知らなかったことだと思った。もう少し主語と述語(動詞)をはっきりとしたほうがわかりやすいというアドバイスをもらい、人と話す際にはその2点をはっきりとさせることを心掛けるようにしたら、周りの友達が今までより早く理解してくれるようになった。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
3 2019:Year 06:Month
Academicクラスに上がり、春学期よりも授業の時間数は減ったが、1クラスが4時間となって集中力を維持するのが大変である。また春学期にも行ったthesisづくりに苦労しており、特に言葉を言い換えたり、上手くまとめたりすることが難しいと感じている。ほかの学生はお手の物という感じでスラスラと課題を終わらせていく中、私は時間がとてもかかってしまうので、焦りを感じる。また授業でoutlineの作成を細かくやるので、文章を書くときには一番メインになるところと構想をしっかりと練ることが大切だと感じた。これからもクラスメイトに追いついていけるよう、予習復習に取り組みたい。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
4 2019:Year 07:Month
1つのクラスでdebateをした。お題はGUNを廃止するべきかそうでないかについてだったが、1チーム7人でそれぞれのパートが振り分けられ話し合いをした。みんな意見を活発に言っており、司会をしている先生がとても困っていた。日本でdebateをしたときはみんな自分の担当の話をしていただけで、相手の意見に対して相手が話している途中にも関わらず自分の意見を述べるような人はいなかったので、とても新鮮だった。またみんな英語は母国語ではないのに意見をスラスラと話していてすごいなと思った。こういう話し合いの場所で意見をスラスラといえるようになりたいと思った。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
5 2019:Year 08:Month
1つのクラスでリサーチペーパーをペアワークで作った。APAフォーマットという英語の論文の書き方に従って書いた。APAは初めて習うことに加えて、以前習ったMALフォーマットと少し違うところがあり難しかった。ペアの人にたくさん助けてもらってなんとか完成させることができた。ペアの人は日本人ではなかったので、英語でレポートの内容を相談したり、役割分担をしなければならず、スムーズに意思疎通ができず難しかったが、しっかりとわからないところはわかるまで聞いたり、ダブルチェックをすることによって乗り越えた。先生から良い成績をもらえることができたのも嬉しかったが、それよりも、何か大きな課題を友達と乗り越えることができたのが成長したなと思えたことだった。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
6 2019:Year 08:Month
授業全体のまとめとしてまず一つ成長したなと思うのは、英語で文章を書く時間が早くなったことだ。どの授業も必ずといっていいほどエッセイを書かなければいけないので、英語を書くことになれたのと、書きはじめに、アウトラインを作ったり、thesisをクリアーにすることが大切ということも学んだ。二つ目はpresentationもたくさんやったことにより、人前で英語で喋ることにも少し慣れた。最後にクラスメイトの雰囲気がとても活発で自分ももっと発言しなければいけないなと気づいたり、もっとスマートに効率良くやるべきだということも学んだ。日本の授業のシステムと違うことがたくさんあり、毎回の授業で学ぶことができたので非常に充実した授業だった。

滞在先について Accommodation

滞在先の種類 Type
ホームステイ Homestay
滞在先の様子(周辺環境、設備、同居人、通学手段、食事など)
Details(Surroundings, Housemates, Distance to University, Meals etc.)
私の住んでるところは学校から50分でNewYorkの中心からも1時間以上かかるところなので、静かで治安の良いところである。この間はスマホを落とした際にすれ違った人が拾って渡してくれた。ホストマザーは28歳の大学院生でたくさん話してくれて非常に優しい。留学に来て3日目にパソコンをベットの上から落として相談した時に友達やパソコン会社に電話をして一番良い方法を探してくれた。また誕生日のときにはケーキを作ってくれた。学校の勉強が忙しいので週末にどこかに連れって行ってくれるということはまだないが、ほぼ毎日夕食を一緒に食べ、恋バナや学校について話をする。NewYorkは観光地がたくさんあるので、休みの日はフランス人の友達と外に出てお散歩をよくしている。

留学・研修を振り返って Achievement, Growth etc. through this program

No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
1 2019:Year 04:Month
課題と感じていることは自分の考えを持つということである。クラスメートはYESかNOかはっきりしている人が多く、私はランチとかを聞かれても何でも良いと答えてしまうことが多くあり、授業中などにも先生の質問に対して即座に対応できないことがある。日本人特有の謙遜というものなのかはわからないがもっと自分のことについて考え、自分の生きたいように生きて良いのだと感じている。最近では質問に対して自分の思うことを素直に伝えて、あいまいな回答はしないようにしようと心掛けている。今後の生活でも自分の方針をきめて生きていきたいと思っている。多文化の中で生活しているからこそ、様々な人の考え方や生活スタイルが聞けて、日本にいる時とは違うものの見方や考え方に触れることができている。
No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
2 2019:Year 05:Month
自分の一つ一つの選択に対し考え、意思表示をすることができるようになってきた。リスニングも完璧に何でも聞き照れるというわけではないが、以前よりは聞けるようになった。先日フランス人の友人と話している際に、どうして日本人は宗教を持っている人が少ないのに、神社がたくさんあるのかと聞かれた。今まで一度も考えたことがなかったのでとても驚いた。また、その友達に誰に対してお願い事をしているのか聞かれ、私は無宗教であるがお願い事は神様にしていたので確かに他国の人からしたら理解のできないことだなと思った。このことは異文化理解の1つの要素であると思い、宗教観は人それぞれ違うもので、理解しがたいことがあっても仕方がないことで、互いに尊重することが大事であると学んだ。
No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
3 2019:Year 06:Month
最近自分が変化してきたと思うのは英語を話すことが苦でなくなってきたということだ。以前までは言いたいことが言えなかったりして、ついつい日本語で話したくなってしまったが、今は自分の頭の中で英語を話すスイッチと日本語を話すスイッチが以前に比べて上手く切り替えれるようになり、自然と話す相手によって言葉が出るようになってきた。また同じクラスにいる日本人とも日々英語で話すので、英語力を互いに鍛えることができている。課題としてはまだつかれていたりする時や少しわからない単語が出てくると相手の話してる内容がわからなくなったり、英語で言葉がスラスラ出てこなくなるので、少しでも多くの人と会話して、疲れていても英語がスラスラと出るようにしていきたい。
No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
4 2019:Year 07:Month
以前と比べてリスニングがよくできるようになり、マザーの言っていることがクリアに聞こえるようになった。また話を聞いているときにわからない単語が何なのかをわかるようになったので、それの意味などを聞けるようになったので少し成長したなと思っている。なぜがわからないが話すのが前よりも下手になってきたので、葛藤している。また同じ家にサウジアラビアの男の人がきて、文化、特に宗教の違いを学んだ。今まで中東系の人と交流をしたことがなかったので、これこそ本当に異文化理解だなと思った。そして宗教学にとても興味がわいた。日本に帰ってから宗教学の授業を取りたいなと思った。
No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
5 2019:Year 08:Month
最近、私はまだ何においても知識が足りないなと感じた。私の家にフランス人の高校生が来たが、彼女たちはフランスの問題点とか。ヨーロッパの国がどうなっているとかいろいろなことを知っていた。そのほかにも私の友達はいわゆる教養というものをたくさん持っていて、私もいろんなものに興味を持って学ばなければならないのだと思った。もっと読書をしようと思う。 
この留学を通して自分の人生を生きるとか、自己決断を必ずすることとか、人種にとらわれないとか様々なことを学んだ。以前よりも自己決断をできるようになったと思うし、英語が流暢にしゃべれるようになったので、いろいろな人とコミュニケーションが取れるようになった。将来自分のキャリア形成をしていく中で、これらの人々から学んだ考え方や知識をもとに柔軟に物事をとらえ、自己決断をして強く生きていきたいと思う。

アドバイス Advice

参加を迷っている東洋大生や留学予定者へのアドバイス(例 応募まですべきことや留学前の準備など)
Advice for other Toyo students (e.g Preparation prior to application or departure etc.)
参加を迷っている人はぜひ参加をするべきだと思います。迷っている理由は何ですか?お金ですか?時間ですか?不安ですか?お金は確かに安くはないけど、東洋には奨学金制度があって自分で頑張れば頑張るほど安く行けます。タイミングや時間は今が一番いいと思ってください。学年が上がれば上がるほどゼミや就活などで追い詰められてしまうので、今のタイミングが一番いいと思います。私は留学に来て、語学以外にいろんなことを学んでいます。日本で生活していた時には絶対に得られないものの見方や考え方が知れます。ほかの地域に留学したことがないので比較はできませんがNewYorkは飽きることなく生活できます。またイベントも開催されているので、アメリカ人で日本語を学んでいる人などと簡単に知り合うことができます。本当におすすめです。また留学予定者の人は洋画を見たりして、リスニング力を鍛えておくようにしたほうがいいと思います。

写真 Photos

3枚(例:留学/研修先、滞在先、参加プログラムの様子)、3 photos (e.g. University, Accommodation, others)
春学期クラス最後の日の写真。
誕生日にホストマザーが作ってくれたケーキ
一番仲のいいフランス人の友達とお出かけ

支出 Expenses

内訳 Description 備考 Others (if any)
往復航空券代+ビザ申請
Airfare(round trip) and Visa fee
218410円
保険料
Insurance
62952円
授業料/学期
Tuition /semester
1805000円
教材費/学期
Learning material / semester
9000円 教科書3冊購入
通学・通勤費用/月
Commuting expense / month
13775円 地下鉄は30日間乗り放題券があるのでそれを使用
住居費/月
House rent / month
0円 上記授業料に含まれる
食費/月
Food cost / month
25000円 毎日のお昼代
交際費/月
Social expense / month
30000円 イベントの参加や衣服代
その他費用
Others
25000円 パソコンの修理代

収入/奨学金 Incomes/Scholarship

内訳 Description
受給奨学金名(留学関連奨学金、受給予定含む)
Name of scholarship for study abroad
協定校語学留学奨学金
金額 Amount 195000円
受給奨学金名(留学関連奨学金、受給予定含む)
Name of scholarship for study abroad
海外留学促進奨学金「アクティブ型」
金額 Amount 350000円