地図を表示
地図を表示地図を表示
詳細検索

留学エリアRegion

  • All
  • Asia
  • Europe
  • North America
  • Africa
  • Oceania
  • Middle East
  • Central and South America

Country

留学種別Program

学部研究科 Faculty/School

キーワード検索
Key Word Search

レポートを検索
Search Reports
詳細検索

留学エリアRegion

  • All
  • Asia
  • Europe
  • North America
  • Africa
  • Oceania
  • Middle East
  • Central and South America

Country

留学種別Program

開始時期 Term

留学期間 Period

GPA要件
GPA Requirement

学修言語 Language

語学要件
Language Requirement

TOEFL ITP

TOEFL IBT

IELTS

その他 Others

キーワード検索
Key Word Search

留学先を検索
Search Destinations

留学レポートStudy Abroad Report

作成者

学科
Department
哲学科 学年
Grade
2年
専攻
Course
ニックネーム Nickname Y.I.

プログラム基本情報 Program

参加プログラム名
Program
短期語学セミナー 国名・地域名
Country/Region
カナダ
コース名 Course
マニトバ大学コース
期間 Term
2019/08/06 ~ 2019/09/01
このプログラムに参加した理由、きっかけ Reason for joining this program
もともと小さい頃から英語に興味がありましたが、なかなか上達する事ができずにいました。そこでこのプログラムを見つけ、この留学をきっかけにして語学力を向上させたいと思い参加しました。私はカナダのマニトバ大学に約1ヶ月留学しました。なぜカナダを選んだのかというと、治安が比較的良いというのと気候が過ごしやすいという点から決めました。そして東京ドーム約60個分の広さといわれているマニトバ大学のキャンパスもとても気になっていました。

大学/語学学校について University/School

大学名/語学学校名 Name of University etc.
マニトバ大学
授業期間 Study Period
2019年08月07日  ~  2019年08月30日

履修科目について Subject etc.

No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
1 Focused Sentence Writing
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
他大学からの学生と一緒に学習 9時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
関係代名詞や冠詞などの文法についてテキストやプリントで学びました。クラスは日本人が大半でしたが、チリ、中国、韓国から来た留学生もいました。授業中にグループに分かれてプレゼンテーションをしたり、ペアになって会話練習をしたりしました。担当の先生も親しみやすく、授業前にお話ししたりすることもできました。質問もしやすい雰囲気で周りの留学生も先生に積極的に質問していました。週に9時間もあったので大変ではありましたが、授業の最後にはパーティーをするなど楽しいアクティビティもたくさんあったのでとても充実していました。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
2 Reading Strategies I
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
他大学からの学生と一緒に学習 5時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
この授業はReading strategies Iの時と同じクラスで受けました。単語をゲームをしながら覚えたり、その単語を使ってペアでディスカッションしたりしました。文章を読む事もありましたが、分からない単語は一緒に確認したり、復習する時間もあったので覚えやすかったです。宿題が多い日もありましたが、楽しく授業を受ける事ができました。私は最初の頃、上手く自分の考えを英語で伝える事ができず大変でしたが、なんとか伝える事ができた時はとても嬉しかったです。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
3 Reading Fiction
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
他大学からの学生と一緒に学習 4時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
この授業では3つのグループに分かれて1冊の本についての要約や登場人物についてディスカッションしていきました。私のグループには他の国の留学生もいました。それぞれの意見を聞くことで物語の違う見方を知ることができたり、とても興味深かったです。英語で要約などを書く作業は難しかったです。授業の最後の方では個人でのプレゼンテーションを行いました。パソコンでパワーポイントを作成して、スクリーンに映し、発表しました。6分間のプレゼンテーションだったので緊張しましたが、なんとかやりきることができました。
No 科目名(科目コード) Name of Subject (Subject Code)
4 Culture Talk
授業形式 Class size 受講時間数/週 Hours/Week 単位数(不明の場合は記入不要)
Number of Credits(if possible)
他大学からの学生と一緒に学習 6時間 Hours
授業内容・様子(学習内容、担当教員、指導に用いられる言語、履修学生の国籍、人数など)
Details of Subject (Learning contents, Teaching methods, Language, Other Students etc.)
この授業ではテキストを使いながら、ショッピング、レストラン、学校というようなテーマに沿ってディスカッションをしたり、実際にロールプレイをして外国での注文の仕方などを学びました。他の国の留学生と話しをした時に、日本とは違うテーブルマナーなどを知る事ができたのはとても印象に残っています。先生はコミュニケーションに重点をおいて授業を進めていました。なかなか自分の言いたい事を英語で伝えられず落ち込む時もありましたが、先生の「失敗を怖がらずに話す事が大事」という言葉に励まされ、最後の方には積極的に伝えられるようになれたかなと思います。
No 授業に関する感想、印象に残ったこと Your thoughts, opinions etc. regarding lessons
1 2019:Year 08:Month
日本とは違い、ただテキストを進めるだけではなく、コミュニケーションに重点を置いた授業が多かったと感じました。私は人と会話するのが得意ではなかったので最初は緊張していましたが、クラスの皆がとても優しくて、上手く伝えられなくても理解しようとしてくれたおかげで乗り越える事ができました。また、どの先生も言っていた「失敗してもいいからチャレンジする」事が大切だとこの1ヶ月で学びました。授業以外でも動物園や博物館に行き、カナダの事についてより深く知れたのは良い経験でした。先生も皆親切で、私達が楽しく英語を学べるような環境を作ってくださった事にとても感謝しています。

滞在先について Accommodation

滞在先の種類 Type
ホームステイ Homestay
滞在先の様子(周辺環境、設備、同居人、通学手段、食事など)
Details(Surroundings, Housemates, Distance to University, Meals etc.)
私の滞在先は70代の女性が1人暮らししている家でした。周りは住宅街で、とても静かな住みやすい環境でした。バス停もすぐ近くにあり、大学には20分ほどで行けたので通学も楽でした。用意されていた自分の部屋には大きなベッド、勉強机がありとても快適に過ごせました。基本的に朝食は自分で用意し、昼食はサンドウィッチなどを作ってくれました。ホストマザーはよく外出していたので、夜まで帰ってこない場合は自分で冷蔵庫の中の物を温めて食べる時もありました。毎週日曜日には息子さんと2歳のお孫さんが遊びにくる日だったので一緒にお出かけしたり、家でお孫さんと遊んだりする事もできました。

留学・研修を振り返って Achievement, Growth etc. through this program

No 以前と比べて自身が変化したところ、学んだこと、課題に感じたこと。それらを今後の学生生活や将来にどのようにいかしていきたいか。
Achievement, growth etc. through this program and how can you connect this experience with your future career path
1 2019:Year 08:Month
カナダへ行って最初の1週間はこれからの不安が大きくて、とても長く感じました。でも時間が経つにつれてプレゼンテーションなど自分にとって大変な事であっても楽しもうと思えるようになりました。また、先生たちやホストマザーからは英語を学ぶ大切さを教えてもらいました。私がもし留学にいっていなかったら、夏休みをだらだらと何もせずに終えてしまっていたと思います。この留学を通して沢山学ぶ事がありました。それを無駄にしないようにこれからも英語の勉強を続けてもっと話せるようになりたいです。また、いろんな国の人達と交流する事が楽しかったので異文化交流も続けて行きたいです。

アドバイス Advice

参加を迷っている東洋大生や留学予定者へのアドバイス(例 応募まですべきことや留学前の準備など)
Advice for other Toyo students (e.g Preparation prior to application or departure etc.)
私も最初このプログラムに参加するかどうか迷っていました。でも母親が「ホームステイという貴重な経験は大学生のうちにしかできない」と後押しされて留学を決めました。今は留学をして本当に良かったと思っています。1ヶ月という短い期間ではありましたが、沢山の経験をすることができました。今迷っている方も自分の英語が通じるかという不安があると思います。実際行ってみて、私も英語が通じないことが何回もありました。でもホストマザーや先生達は私が話していることを理解しようとしてくれて、間違っていたらそれを正してくれました。外国の方達はフレンドリーで優しい人が多いです。なので迷っている方々もぜひ一度留学に行ってみてください。伝えようとする気持ちがあれば、必ず外国の人とコミュニケーションをとることができると思います。

写真 Photos

3枚(例:留学/研修先、滞在先、参加プログラムの様子)、3 photos (e.g. University, Accommodation, others)
皆でAssiniboine Zooへ
ホームステイした家。とても広く過ごしやすかった。
最後の授業の日にクラスの皆でパーティー。

支出 Expenses

内訳 Description 備考 Others (if any)
プログラム参加費用
Program fee
532000円
教材費/学期
Learning material / semester
0円
通学・通勤費用/月
Commuting expense / month
6000円
食費/月
Food cost / month
0円
交際費/月
Social expense / month
0円
その他費用
Others
0円

収入/奨学金 Incomes/Scholarship

内訳 Description
受給奨学金名(留学関連奨学金、受給予定含む)
Name of scholarship for study abroad
海外留学促進奨学金「チャレンジ型」
金額 Amount 120000円
受給奨学金名(留学関連奨学金、受給予定含む)
Name of scholarship for study abroad
金額 Amount 0円